部分入れ歯で予防

歯を失ったらすぐに義歯を入れた方がいい

虫歯がひどくなって歯を失った場合、そのままにしておくよりも義歯を入れた方がいいです。理由としては、まず他の歯の負担が増して、健康な歯も悪くなってしまうというものがあります。たとえば、奥歯が一本なくなった場合、そこでは噛めなくなってしまうので、反対側だけで噛むといったことになります。すると、当然、一方だけに負担がかかってしまうのでよくないですし、また、歯が抜けた側も残っている歯に負担がかかってしまうのでやはりよくないです。 そして、印象の悪さがあります。歯がないということに対してよく思う人はいませんので、そういう点でも義歯を入れるべきです。 ではどういった義歯を入れるべきかというと、選択肢としてインプラント、ブリッジ、差し歯、部分入れ歯があります。

部分入れ歯なら経済的な負担も精神的な負担も少ない

出来るだけ安く、また負担がない形で義歯を入れたいという場合は、部分入れ歯が一番です。健康の歯が事故などによって折れてしまったという場合は差し歯でもいいですが、虫歯で歯を抜いたという場合は差し歯は使えないので、部分入れ歯ということになります。 部分入れ歯が安く済むのは、義歯を入れるための治療があまりなく、抜けた分の義歯しか必要ないからです。インプラントの場合は骨に穴を開けるという手術が必要ですし、ブリッジの場合は健康の歯を最低二本は削らないといけませんが、部分入れ歯はそういう処置が必要ないので、その分安いわけです。そして、体や精神的な負担も少なくて済みます。 また、見た目の問題も、奥歯であればほとんど目立つことはありません。

Copyright © 2015 健康的な歯【矯正歯科に通って歯美人を目指す】 All Rights Reserved.
Designed by:www.alltemplateneeds.com / Images from: http://wallpaperswide.com/ www.photorack.net